平面作品の新作

2007.11.18 Sunday 19:40
0
    ぼくの所属する「新潟県美術家連盟」主催の「第36回芸展(芸術美術展)」が昨日から始まった。ぼくは平面の新作「ma・do」を出品。これは、まだ家にあるときの写真である。(正面から撮ると、ストロボの光が入ってしまうので、斜めから撮った)



    今回は、できるだけシンプルな構図にして、漆の色そのもので奥行き感を出したいと思った。額縁も敢えてつけず、縁にも同じ色合いの漆を塗る。

    最終的に「ma・do」というタイトルをつけたが、初めから「窓」のイメージがあったのではない。ストライプの正方形をつけたら、それを見た人がみな「窓ですか?」というので、まあ窓でもいいかな、と思ってそれにした。きわめていい加減なタイトルである。

    「窓」の部分は、下地漆で盛り上げて段差をつけ、白と紅柄を1色ずつタンポでたたくようにして塗り重ね、彫刻刀で線刻し、一部分に金粉を摺り入れた。

    また周囲は、朱と黒を混ぜたいろんな段階の色を、やはり1色ずつたたくようにして塗り重ねて、耐水ペーパーで研ぎ出して磨き、艶を出す。

    朱の色は意外に鮮やかに出たが、自分の意図としては、ちょっと鮮やかすぎたような気がする。もっと渋めな感じの方がよかった。こういうシンプルな構成のものを、今後もしばらくつくるつもりだが、まだまだ反省材料がたくさんあって、なお研究が必要だと感じている。
    category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM