小品展への出品

2019.02.16 Saturday 20:51
0

     

     

    毎年2月に新潟三越で開かれる「にいがたの美術作家小品展」(新潟日報社主催 2月17日曜まで) 今年は、一風変わったプレート2枚組を出品しました。


    価格設定は「3万円以上」と決められているので、2枚組で3万円ということにしましたが、きっと売れないだろうなあ・・・(^_^;


    たとえ売約がついても、この展覧会はチャリティーなので、ぼくの手元に来るのは2割だけ。残りは経費を差し引いて、美術振興財団に寄付されるのです。


    作品のタイトルは「バウハウス・プレート」。あの、二十世紀初頭、ドイツに設立され、モダンアート・建築の象徴となった学校「バウハウス」を、おこがましくも、ちょっと意識しちゃいました。


    一応「板膳」なのですが、この派手派手なデザインを日常生活で使いこなすには、かなり難しいでしょうね。きっと使い手も、その技量を試されますよ。(笑)

     

    category:展覧会 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM