義父の逝去

2018.09.15 Saturday 19:19
0

     

    きょうのお昼前、妻の父が亡くなりました。享年90歳。大往生と言っても良いでしょう。


    長い間、市内小町坂の下に「建松」(たてまつ)という仕出し屋をやっていて、とても腕の良い料理人であると同時に、唄好き、酒好き、遊び好きの明るい親父さんでした。常にユーモアを欠かさず、人を笑わせるのがじつに上手い人。何代も続く家系の四男として生まれたにもかかわらず、兄が相次いで戦死し、やむなく家業を継がざるをえなかったとのこと。


    昔は、店の前にバス停があって、バス待ちをする人が、ご飯だけ自分で持ち込み、一品料理や酒だけ頼んで、美味しそうに飲んだり食べたりしていたのを、妻は覚えているそうです。「建松」は、そんな「茶屋」でもありました。


    お祭りにもなると、仕出し屋は秒単位の忙しさ。そして冬が近づけば、冷たい水を使い、一日中立ちっぱなしで、何十本もの塩引き鮭づくりをこなし、料理人として、全力で駆け抜けたような人生だったのではと思います。


    でも、ぼくには、いつも満面の笑みをたたえた、お父さんのひょうきんな顔しか浮かびません。最後は、認知症が悪化し、自分の娘の顔さえわからない状態のまま、胆管ガンを患い、ろうそくの火が自然と消えるように、穏やかにあの世へ旅立ったようで、生命のはかなさを感じるとともに、不思議に荘厳な気持ちにさせられました・・・。


    写真は、「芳子さん、芳子さん」と慈しんでいたお母さんと、そして娘であるぼくの妻と、デュエットする数十年前のお父さんです。(*^_^*)

     

     

    category:できごと | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM