七夕祭のフィナーレ 片町・上片町の獅子舞競演

2018.08.18 Saturday 21:30
0

    いつの頃からか、七夕祭(たなばたまつり)の最後は、片町、上片町の両町内による「獅子舞の共演」(競演?)によって締めくくられるのが、恒例となった。

     

    午後10時過ぎ、両町内の境界線上の道路に屋台が帰り着き、警察の許可をもらって道路を通行止めにし、それぞれの獅子が向き合って舞いを披露する。

     

    道の両側には、それをひと目見ようと集まった人たちの人垣ができ、大歓声の中、上片町(左)の男獅子、片町(右)の女獅子、二頭の獅子は、絡み合い、次第にクライマックスへ。

     

    今年、上片町の方の獅子頭をかぶったのは、青年団長を務めるぼくの次男。肌寒いくらいに冷え込んだ夜の舗道は、しばし人々の声援と熱気に包まれた。

     

    その一部始終を動画でどうぞ。

     

     

    両町の獅子舞共演を終えると、それぞれの屋台は、右へ左へと雪洞や提灯を揺らしながら、町内へと帰っていく。華やかな中にも、一抹の哀愁が漂う、祭のフィナーレだ。暑かった今年の夏も、ようやく果てようとしている・・・。

     

     

    category:まつり | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM