新潟日報文化欄への寄稿「展覧会へようこそ」〜中村謙二展〜

2018.08.06 Monday 20:32
0

     

    きょう、新潟日報文化欄に掲載となった記事。
    弥彦の丘美術館と中村謙二さんご自身から依頼され、書いたものです。つたない文章ですが、この記事が、少しでも弥彦の丘美術館の集客につながればいいなあ・・・と思っています。

     

    ************* 本文全文 **************

     

    天の明るさと地の暗さとの対比が、山の稜線のシルエットをくっきりと描き出した後、ゆっくりと照明を落とした空は、やがて濃紺に染まり、星の粒を浮かび上がらせる。その静かな時の流れと鮮やかなる変化。展示室の中は、そんな夏の夕闇の情景を彷彿とさせる舞台装置のようだった。


    この美術館では9年ぶり2回目になる中村謙二さんの今回の展示は、1979年の日本現代工芸美術展初入選作「暮海」をはじめ、日展出品の3点の一曲屏風を中心として、最近の中小作品まで、綿密に調整された照明の中に、20点の漆の平面作品が整然と並ぶ。筆で描いた漆の線に金粉を蒔く「蒔絵」(まきえ)、彫刻刀で彫った線に金粉を摺り入れる「沈金」(ちんきん)、金粉の代わりに色漆を埋める「蒟醤」(きんま)、夜光貝やアワビなどを漆で貼り付ける「螺鈿」(らでん)、金属の板を埋め込む「平文」(ひょうもん)など、あらゆる漆の加飾法が、自在に駆使されているものばかりだ。


    それらは、加茂の建具屋さんの次男として生まれ育った中村さんが、漆と出会い、漆の魅力に惹かれながら、長い経験によって身につけた確かな技。「一本の線でもおろそかにするな」と教えられたという中村さんは、一つの正円でさえ、彫刻刀の角度を固定して一定の力で彫るための道具を考案する。発色を良くするために、3日かけてゆっくり乾くように漆を調整したりもするそうで、その陰には多くの工夫や研究が積み重ねられているのだ。


    天空に散りばめられた星のきらめき、アンコールワットや王冠、装身具、象形文字など歴史を感じる豊かなイメージが、まるで宇宙そのものを製図するかのように、考え抜かれた構図の上に一体となり、見る者をはるかな遠い世界へと引き込む。数多くの名誉ある賞や表彰を受け、県の工芸界の第一人者だが、そんな経歴とは裏腹に、穏やかで謙虚なお人柄、惜しげもなく技術を教える懐の深さは、作品にも反映していると感じた。


    星と星の間の暗い部分はけっして空洞ではなく、そこにも望遠鏡をかざせば無数の星のきらめきがあるように、黒の漆は、技術やイメージや作者の人間性をも溶かし込みながら、どこまでも深く、温かい。おそらくそれは、誰でもが心に持っているという宇宙、「曼荼羅(まんだら)」の世界そのものと言えるかもしれない。

     

    category:美術 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM