彫漆皿(えんどう形)の再制作

2018.06.15 Friday 19:42
0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

    3年前の個展のときに作った「彫漆皿(えんどう形)」4種を、再制作してみました。HPにも掲載していますが、特殊な木地なので、もう残りが少なく、一応この製品は「現品限り」とさせていただきました。


    図は「梅」「菊」「麻の葉」「青海波」の4種で、いずれも堆朱の地紋にも使われている、伝統文様のデザインを彫漆にしたものです。


    村上で言う「三彩彫り」は、基本的には、朱・黄・緑・黒と重ねて漆を塗り、文様を彫り出しますが、色漆を何度も重ねるために、手間がかかり、価格がおおよそ堆朱で仕上げる場合の2倍になってしまいます。


    そこでこの製品は、価格をできるだけ抑えるため、色をそれぞれ1色に限り、その色に合わせて、違う文様を彫りました。価格は,どれも10,000円きっかり(消費税込み)です。


    サイズなどの詳細は、下記ページをご覧下さい。
           ↓
    http://www.u-ohtaki.com/item-page/t-121.html

    category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM