最近の読書から 〜伊集院静「海峡」「春雷」「岬へ」

2017.09.29 Friday 22:43
0

     

    読んだ本の感想を長々と書いても、それを読む人にとっては、退屈だろうなあ・・・特にその本を読んだことのない人にとってはね。


    そう思って、読んだ本のことを投稿するのを、しばらくためらっていたのだけれど、伊集院静さんのこの3部作は、とても良かったので、久しぶりに本の紹介をしてみる気になりました。長文、ごめんなさい。


    太平洋戦争の傷跡がまだ癒えぬ時代、瀬戸内海の港町で生まれ育った少年高木英雄が、いろんな人との出会いによって、成長していく青春物語です。


    下村湖人の「次郎物語」や井上靖の「しろばんば」「あすなろ物語」に似ているという人もいますが、ぼくは五木寛之の「青春の門」に共通する雰囲気を感じました。


    大まかに言えば、「海峡」は小学生時代、「春雷」は中学生時代、そして舞台が東京へと移る「岬へ」は大学生時代ということになるでしょう。


    英雄の生まれた家は、海運業を営む厳格な父を中心に、その父を頼り、慕ういろんな国籍の従業員や女衆が大勢、寝食を共にしていて、港町特有の猥雑で、荒っぽいけれど、人情味豊かな空気が、彼をたくましく成長させていきます。


    広島の原爆による病気や偏見に苦しむ人、朝鮮人やその人たちを庇護する人への差別などを目にしながら、若さゆえのしばしば羽目を外した行動に出る友達との交わり、けんか、熱血漢のユニークな先生との語らい、恋、さまざまな人の死を経験していく英雄。家業を継がせようとする父への反発が、全編を貫いていますが、それでは何をやりたいかと言えば、彼にはまだ自分というものが見えていません。悩み、葛藤しながら、自分の歩むべき道を探し続けます。


    優れた小説というのは、目の前に映画のスクリーンが現れたように、その場面、場面の情景が鮮やかに浮かびあがるものではないでしょうか。


    海で行方不明になった弟を捜索する「岬へ」の場面は、ことに圧倒的な臨場感をもって、こちらの胸に迫ってきます。涙が抑えられなくなるかもしれません。


    青春小説は、中年を過ぎてからこそ、そこはかとない哀感を伴って心に響くものであるようです。まだの方は、ぜひご一読をお薦めします。

    category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 関口智子 ヴァイオリン・リサイタル
      大滝 豊
    • 関口智子 ヴァイオリン・リサイタル
      Tomoko Sekiguchi
    • 小さな美のポケット 第6話「独り暮らし」
      大滝 豊
    • 小さな美のポケット 第6話「独り暮らし」
      吉野孝也
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM