舟小屋のスケッチ

2012.07.22 Sunday 19:59
0

    毎年夏になると、新潟市の護国神社から、「万燈みたま祭」に奉納する雪洞(ぼんぼり)の絵の揮毫を依頼される。県内のいろんな作家に声をかけるのだろうが、ぼくは今年が4回目。テーマは決められていないので、毎回何を描こうか、さんざん迷う。

    最初の年は、躍動する馬を、2年目は「越中おはら 風の盆」の踊りを、そして去年は「朱鷺」を描いた。今年は、水性クレヨンを使い、「舟小屋」をスケッチ風に描いてみようと思った。ちょっと重い感じになったので、あまり雪洞としては相応しくないのかもしれないが・・・。まずは絵が仕上がって、ほっとしている。明日、送る予定。

    神社からはいつも、お礼として、神社の御札に加え、この絵をポストカードにしたものが送られてくる。自分の絵の葉書なんてちょっと面はゆいが、せっかく頂いたのだから、ありがたく使わせてもらっている。

    こんな葉書をもらった人は、ありがた迷惑かもしれないけれど、廃品利用に協力したと思って、どうか許していただきたい。

    category:美術 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • テレビ番組の取材
      URU
    • テレビ番組の取材
      高野道宏
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM