湯呑みの金継ぎ4 刻苧(こくそ)

2009.03.14 Saturday 20:40
0
    先回からきっかり1ヶ月が経った。

    もう麦漆(むぎうるし)は完全に乾いているので、塗り風呂(乾燥ムロ)から湯呑みを取り出して、次の作業をする。

    まず、そっとマスキングテープをはがす。


    はみ出した麦漆を、彫刻刀で削る。


    さらに、#400〜500位のサンドペーパーをかけ、きれいにする。(陶器の表面をペーパーで傷つけないように注意)



    穴を充填する刻苧(こくそ)を作る。刻苧は、まず「湯呑みの金継ぎ2」で作り方を解説した「麦漆」をつくり、そこに木粉(欅やつげなどの木の粉を、ふるいに掛けたもの)を少しずつ混ぜていく。


    へらで練り合わせながら、麦漆と木粉を混ぜ、飽和状態(へらに付かなくなるくらい)になったら、刻苧のできあがり。


    できた刻苧を、竹べらを使って、縁の「ほつれ」や穴になっている部分に充填していく。





    刻苧が終了。これをまた塗り風呂に入れ、3日〜1週間くらい乾燥させる。




    (次回に続く)

    湯呑みの金継ぎ5 錆付け
    category:金継ぎ | by:URUcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      URU
    • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
      haru
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      大滝 豊
    • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
      Sizu
    • 関口智子 ヴァイオリン・リサイタル
      大滝 豊
    • 関口智子 ヴァイオリン・リサイタル
      Tomoko Sekiguchi
    • 小さな美のポケット 第6話「独り暮らし」
      大滝 豊
    • 小さな美のポケット 第6話「独り暮らし」
      吉野孝也
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM