小さな美のポケット 第49話「交流サロン 穂!人(ほっと)の誕生」

2020.07.05 Sunday 19:53
0

     

    小さな美のポケット 第49話「交流サロン 穂!人(ほっと)の誕生」がきょう掲載となりました。


    西暦2000年ちょうどですから、今から20年も前のことになってしまったんですね。体験観光の拠点となり、みんなが交流できるような店をつくるという構想のもと、村上市小町の井筒屋さんを借りて、みんなで一生懸命手づくりしました。


    「穂!人」の名前は、地域の収穫物をあらわす「穂」と、そこに集う地域内外の「人」という2つの漢字を、感動をあらわす「!」でつなげたものです。なんといっても女性パワーのすごさが際だった店でした。‼😅

     

    小さな美のポケット 第48話「金継ぎの美学」

    2020.06.07 Sunday 20:48
    0

       

      いま読み返すと、なんだかエラそうなこと言っちゃってるなあ。
      そんな理屈っぽいこと考えなくても、まあ、お客さまが喜んでくだされば、職人としてはそれで良し・・・なんだけどね。


      村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第48話「金継ぎの美学」、きょう掲載されました。

       

      小さな美のポケット 第47話「都岐沙羅(つきさら)の熱気」

      2020.05.03 Sunday 19:49
      0

         

        村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」の第47話「都岐沙羅(つきさら)の熱気」が、きょう掲載となりました。


        約20年前、弟たちが起ち上げたNPO組織「都岐沙羅パートナーズセンター」が中心となり、「都岐沙羅の元気づくり支援事業」がスタート。三の丸記念館を会場に行われたその「公開審査会」は、ものすごいパワーと熱気にあふれていました。


        「人と距離を取れ」「集まるな」「自宅にこもってじっと我慢しろ」・・・そんな昨今だからこそ、当時の熱情が、ことさらなつかしく思い出されるのかもしれませんね。(^_-)-☆

         

        小さな美のポケット 第46話「色漆の錬金術」

        2020.04.05 Sunday 21:04
        0

           

          村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第46話「色漆の錬金術」。今から5年前、初めて個展を開いたときのことです。その節は、大勢のみなさんにご来場、お買い上げをいただいたり、はたまた身に余るお祝いを頂戴したりで、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。


          そして先般、予告させていただいたように、きょうから10日後の4月15日から、同じギャラリーで2回目の個展を開きます。ただいま毎日薄くなった髪を振り乱して、出品作品の制作に最後の追い込みをかけています。


          今回はがらりと趣を変え、「彩りと装いの漆展」と題して、ブローチ、帯留め、ペンダント、イヤリング、ピアス、タイピン、カフス、指輪、ループタイ、ヘアゴム、カードケースなどのアクセサリーのほか、0号や三寸の小額、卓上額等々を展示・販売します。お時間がありましたら、どうぞおいで下さい。少なくとも、密閉、密集はないと思いますので、ご安心を。(^_-)-☆


          ところで原稿の中に、1箇所まちがいがあるのですが、どこかおわかりになりますか? うっかりして校正の時に気がつきませんでした。・・・すみません。<(_ _)>

           

          小さな美のポケット 第44話「数右衛門さんの香炉」

          2020.02.02 Sunday 20:06
          0

             

            1月は連載がお休みだったので、約2ヶ月ぶりの「小さな美のポケット」です。第44話「数右衛門さんの香炉」。ぼくが初めて作品を購入したときの、ささやかなエピソードを記しました。


            長浜数右衛門さんは、亡くなられてからかなりの年月が経っていて、長男の数義さんが2代目を襲名されています。とてもおだやかでやさしい方だった記憶があり、この香炉はその記憶につながる唯一のぼくの宝物。ちなみに、蓋のつまみの部分が壊れたので、かなり前ですが、金継ぎを施してあります。

             

             

            小さな美のポケット 第43話「海外に向けて」

            2019.12.01 Sunday 19:55
            0

               

              先月は、いくつかの展覧会への出品、審査、教育関係の行事への出席、会議、両親の介護などが重なって、fbに投稿する時間的、精神的ゆとりがありませんでした。これが久々の投稿です。


              はや師走ですね。村上新聞への連載「小さな美のポケット」第43話「海外に向けて」が掲載となりました。新潟県の「百年物語プロジェクト」が開始された初年と2年目だけの参加でしたが、自分にとって、貴重な経験となった海外見本市への出品です。


              英語はもとよりドイツ語やフランス語が全くわからず、現地で苦労したので、店の看板の文字くらいは読めるようになりたいなと、その後、NHKのラジオ講座などを1,2年聴いてみたけれど、覚えるより忘れる方のスピードが速くて、こりゃダメだわ〜と早々にギブアップした自分です。でもそのうちまた挑戦してみる気ではいますが・・・どうなることやら。

               

              小さな美のポケット 第42話「情熱の世代」

              2019.11.04 Monday 21:16
              0

                 

                村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」の第42話「情熱の世代」が昨日掲載。
                同級生のみんな! 退職してしょぼくれている場合じゃない、ぼくらの時代はまだまだこれからだぜ。社会にもうひと花咲かせようよ!・・・というメッセージを込めて。(*^_^*)

                 

                小さな美のポケット 第41話「協働のためのワークショップ」

                2019.10.10 Thursday 20:50
                0

                   

                  村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第41話です。
                  タイトルは「協働のためのワークショップ」。添付した写真は、平成11〜12年に行われた、新しい橋(現在の「若鮎橋」)を造るためのワークショップ「門前川ゆめつな議」のまとめ資料です。関係した方にとっては、きっとなつかしく感じられるでしょう。


                  まちづくりワークショップの手法も、また参加者の意識も、現在では更に進化していることでしょうが、いろいろな方が関わって、みんなで1つのプランを練り上げていく楽しさは、基本的にはこの頃と変わっていないのではないかと思います。


                  ひとりでコツコツと作品をつくるのとは、頭の違った部分が刺激されるような気がして、まちづくり活動への参加は、たぶん認知症予防にも有効なのかもしれないと、少しボケ始めた頭で、最近考えたりしています。(^^ゞ

                   

                   

                  小さな美のポケット 第40話「塗り部屋の風景」

                  2019.09.08 Sunday 11:43
                  0

                     

                    本日、村上新聞の連載エッセイ「小さな美のポケット」第40話が掲載となりました。今回のテーマは「塗り部屋の風景」です。


                    祖父から父へ、父からぼくへ、そしてぼくから息子へと、漆の技が引き継がれる舞台がここ。漆職人の「聖域」と言ったら言い過ぎですが、4世代にわたる、さまざまな苦悶や歓びが堆積している場所・・・なのかもしれません。この部屋で、漆を塗りながら、ぼくがどんなことを妄想しているかは、誰も知らないんですよね。(笑)

                     

                    小さな美のポケット 第39話「まちの余白」

                    2019.08.05 Monday 19:38
                    0

                       

                      小さな美のポケットの第39話です。テーマは「まちの余白」。


                      ぼくは平成5年から8年まで、「村上市HOPE計画」というまちづくり活動に加わり、グループで「景観カルテ」という冊子を作ったのですが、その際に気づいたことなどを記しました。(ちなみに、この冊子のレイアウト・装丁のデザインをしたのは、弟の聡です。)


                      20年以上の歳月が流れ、村上の景観もだいぶ変わりましたが、この冊子で指摘したことは、基本的には今も変わっていないのではないかと思います。


                      古き良きものが消えていくのは、時の流れなので仕方のないことですが、それに代わるような美しいもの、ぼくらの中にある美意識の琴線に触れてくるようなものを、ぼくらは作り出せているのだろうか・・・はなはだ心もとない気持ちでいっぱいです。

                       


                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        URU
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        URU
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        haru
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM