小さな美のポケット 第43話「海外に向けて」

2019.12.01 Sunday 19:55
0

     

    先月は、いくつかの展覧会への出品、審査、教育関係の行事への出席、会議、両親の介護などが重なって、fbに投稿する時間的、精神的ゆとりがありませんでした。これが久々の投稿です。


    はや師走ですね。村上新聞への連載「小さな美のポケット」第43話「海外に向けて」が掲載となりました。新潟県の「百年物語プロジェクト」が開始された初年と2年目だけの参加でしたが、自分にとって、貴重な経験となった海外見本市への出品です。


    英語はもとよりドイツ語やフランス語が全くわからず、現地で苦労したので、店の看板の文字くらいは読めるようになりたいなと、その後、NHKのラジオ講座などを1,2年聴いてみたけれど、覚えるより忘れる方のスピードが速くて、こりゃダメだわ〜と早々にギブアップした自分です。でもそのうちまた挑戦してみる気ではいますが・・・どうなることやら。

     

    小さな美のポケット 第42話「情熱の世代」

    2019.11.04 Monday 21:16
    0

       

      村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」の第42話「情熱の世代」が昨日掲載。
      同級生のみんな! 退職してしょぼくれている場合じゃない、ぼくらの時代はまだまだこれからだぜ。社会にもうひと花咲かせようよ!・・・というメッセージを込めて。(*^_^*)

       

      小さな美のポケット 第41話「協働のためのワークショップ」

      2019.10.10 Thursday 20:50
      0

         

        村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第41話です。
        タイトルは「協働のためのワークショップ」。添付した写真は、平成11〜12年に行われた、新しい橋(現在の「若鮎橋」)を造るためのワークショップ「門前川ゆめつな議」のまとめ資料です。関係した方にとっては、きっとなつかしく感じられるでしょう。


        まちづくりワークショップの手法も、また参加者の意識も、現在では更に進化していることでしょうが、いろいろな方が関わって、みんなで1つのプランを練り上げていく楽しさは、基本的にはこの頃と変わっていないのではないかと思います。


        ひとりでコツコツと作品をつくるのとは、頭の違った部分が刺激されるような気がして、まちづくり活動への参加は、たぶん認知症予防にも有効なのかもしれないと、少しボケ始めた頭で、最近考えたりしています。(^^ゞ

         

         

        小さな美のポケット 第40話「塗り部屋の風景」

        2019.09.08 Sunday 11:43
        0

           

          本日、村上新聞の連載エッセイ「小さな美のポケット」第40話が掲載となりました。今回のテーマは「塗り部屋の風景」です。


          祖父から父へ、父からぼくへ、そしてぼくから息子へと、漆の技が引き継がれる舞台がここ。漆職人の「聖域」と言ったら言い過ぎですが、4世代にわたる、さまざまな苦悶や歓びが堆積している場所・・・なのかもしれません。この部屋で、漆を塗りながら、ぼくがどんなことを妄想しているかは、誰も知らないんですよね。(笑)

           

          小さな美のポケット 第39話「まちの余白」

          2019.08.05 Monday 19:38
          0

             

            小さな美のポケットの第39話です。テーマは「まちの余白」。


            ぼくは平成5年から8年まで、「村上市HOPE計画」というまちづくり活動に加わり、グループで「景観カルテ」という冊子を作ったのですが、その際に気づいたことなどを記しました。(ちなみに、この冊子のレイアウト・装丁のデザインをしたのは、弟の聡です。)


            20年以上の歳月が流れ、村上の景観もだいぶ変わりましたが、この冊子で指摘したことは、基本的には今も変わっていないのではないかと思います。


            古き良きものが消えていくのは、時の流れなので仕方のないことですが、それに代わるような美しいもの、ぼくらの中にある美意識の琴線に触れてくるようなものを、ぼくらは作り出せているのだろうか・・・はなはだ心もとない気持ちでいっぱいです。

             

            小さな美のポケット 第38話「南フランス賛歌」

            2019.07.09 Tuesday 19:44
            0

               

              村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第38話です。


              ちょうど大祭当日(7日)に掲載になりましたが、「南フランス賛歌」と祭には全くそぐわないテーマでごめんなさい。村上は好きだけど南仏も好き、という浮気男の、とりとめのない旅話です。


              浮き立つ祭の気分を味わいながら育った子どもが、おとなになっても祭り囃子を聞いただけでそわそわするみたいに、若い頃に心を揺さぶられた遠い異国の風景は、いまだにぼくの美意識の根底に存在するようです。(^_^;

               

               

              小さな美のポケット 第37話「みるみる学会」

              2019.06.09 Sunday 16:04
              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第37話が、きょう掲載となりました。今回のテーマは「みるみる学会」です。


                平成5年というと今から26年も前ですが、村上の女性グループによって始められた「まち歩き」そして「まちの宝探し」ワークショップ。3年後、「村上トライあんぐる」というまちづくりグループに運営が引き継がれ、瀬波、岩船、山辺里と場所を替えて、平成15年まで続きました。


                現在は、まちづくり学校の方たちによる「ブラにいがた」が、県内の至るところで実施されていますが、まちを歩いて何かを発見する楽しさは、なにより格別ですね。(^_-)-☆

                 

                小さな美のポケット 第36話「造形センスの磨き方」

                2019.05.12 Sunday 20:35
                0

                   

                  村上新聞連載「小さな美のポケット」第36話。今月は少し遅めの掲載となりました。「造形センスの磨き方」と題した拙文です。


                  添付写真は、初めて県展で賞をいただいた昭和54年の作品と、佐渡の版画家 高橋信一先生から指導を受けながら作った、コラージュ(貼り絵)による下絵。


                  まだぼくが20代の修業時代、どうやって作品を作ったらいいのか皆目わからず、五里霧中・・・県展前になると、悩みに悩んでほんとうに苦しかった・・・。でも、このときがあって今がある。若いときの苦労は買ってでもせよ、ってほんとですね。(^_-)-☆

                   

                  小さな美のポケット 第35話

                  2019.04.07 Sunday 20:54
                  0

                     

                    村上新聞の連載エッセイ「小さな美のポケット」第35話が、きょう掲載となりました。「商店街と赤い箱」のタイトルで、25年前に新潟市古町商店街で企画した「BOXアート展」というイベントについて書いたものです。


                    まだ古町商店街も元気があった頃、野外での美術展が珍しかった頃、そして人を騒がせることが大好きなぼくら兄弟が、若いエネルギーに充ち満ちていた頃の「むかしむかし」のお話です。


                    線香花火みたいに、3日間だけポッと燃えて、すぐに消えてしまったイベントですが、ぼくにとっては、多くの方と知り合い、助けられ励まされながら、たくさんのことを学べた、忘れられない貴重な経験でした。古町モールに、数百個の赤い箱が並んだときの嬉しさは、いま思い出してもワクワクしてくるんです。\(^O^)/

                     

                    小さな美のポケット 第34話

                    2019.03.05 Tuesday 20:27
                    0

                       

                      子どもたちの体験を受け入れ始めてから、もう何年になるのかな・・・? 少なくとも20年以上も前に始めたことですが、体験を通して彼らに何を伝えたいのかは、今も少しも変わっていません。


                      村上新聞の連載エッセイ「小さな美のポケット」第34話(一昨日掲載)は、「体験する子どもたち」。


                      10回の講義をするよりも、1回の体験によって伝えられることは多いと思います。ぼくが何も言わなくても、漆という天然の液体が、ものをつくる喜びを雄弁に語ってくれるのですね。(^_-)-☆

                       


                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        URU
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        URU
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        haru
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM