工芸作家作品展(新潟伊勢丹)への搬入・展示

2020.07.01 Wednesday 21:18
0

     

    投稿が1日遅れちゃったけど、昨日は新潟伊勢丹での企画展「新潟の工芸作家作品展」の搬入・展示を行いました。陶芸・ガラス・木工の作家さん8名に、漆のぼくも加えていただき、きょうから7日(火)までの展示です。(最終日は4時終了)


    ほとんどが伝統工芸系の作家さんたちで、ぼくはちょっと異分子かもしれないんだけど、予想した以上にたくさんの作品で会場が埋まり、まあぼくの作品もそんなに違和感はないかな・・・と、ちょっとほっとした気持ちです。みなさん、なかなか力作揃いで、見応えのある展覧会になったんじゃないかな・・・。


    ぼくは期間中、他の用がいろいろあって、最終日のみ会場にいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

    個展の新聞記事

    2020.04.28 Tuesday 21:11
    0

       

      おとといの村上新聞に載った記事です。
      奇しくも、お友だちの太田芽衣ちゃんが書いてくれた投稿も、一緒に掲載されました。彼女は、個展がオープンした直後に一番乗りしてくれた人なんです。


      きょうは、芳名帳の写しを見て、来て下さった方全員に、つたないお礼状を発送しました。搬出してきた作品の片付けや、追加注文分の制作はまだ途中ですが、まずはこれで一段落。みなさんの力強い応援に感謝しながら、次は何を目標にしようか・・・いろいろ思案中です。


      公募展やイベントが全て中止となり、考える時間だけは、たっぷり取れそう・・・あたりまえですが、漆職人に定年退職はないですから、急がず、休まず・・・😅

       

      category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

      個展出品作品 その5

      2020.04.25 Saturday 21:08
      0

        個展出品作品 その5。

        きょうは、「アクセサリー・ハートケース(鳥)」と姫鏡4種、合わせ鏡(大小2枚セットになっていて、自分の後ろ姿を見るための手鏡)2種、手鏡2種、カードケース(名刺入れ)5種のご紹介です。


        明日、作品搬出、会場の片付けに行く予定で、これで4日短縮された個展も、すべて終わります。ありがとうございました。<(_ _)>

         

        アクセサリー・ハートケース(鳥)

         

        姫鏡(ぞう)

         

        姫鏡(とり)

         

        姫鏡(ねこ)

         

        姫鏡(さかな)

         

        彫漆合わせ鏡(春野)1

         

        彫漆合わせ鏡(春野)2

         

        彫漆合わせ鏡(秋野)1

         

        彫漆合わせ鏡(秋野)2

         

        彫漆手鏡(はまなす)

         

        彫漆手鏡(かきつばた)

         

        カードケース/名刺入 樹

         

        カードケース/名刺入 鳥

         

        カードケース/名刺入 葉

         

        カードケース/名刺入 羽根

         

        カードケース/名刺入 蜻蛉

         

        category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

        個展出品作品 その4

        2020.04.22 Wednesday 21:43
        0

          みなさんにお知らせです。
          4月26日(日)までとご案内していたぼくの個展ですが、花角知事から昨日出された休業要請をふまえ、ギャラリーが閉鎖を決めたため、きょうで打ち切りとなりました。


          これまでみなさんからいただいたご厚意の数々に、あらためて感謝致します。ありがとうございました。これからおいでになる予定だった方には、ほんとうに申し訳ありません。


          作品は日曜日に搬出、撤収しますが、このネット上での紹介は、しばらく続けたいと思っています。


          きょうは、丸板形のブローチ、ループタイ、ヘアゴム、帯留め、角板3連のネックレス、角板形・丸板形のイヤリング、ピアス、滴形や輪形のイヤリング、ピアス、杵形の2連チョーカー、スカーフリング、ブレスレット、タイタック/バッジです。

           

          丸ブローチA

           

          丸ブローチB

           

          丸ループタイA

           

          丸ループタイB

           

          丸ループタイC

           

          丸ヘアゴムA

           

          丸ヘアゴムB

           

          丸帯留めA

           

          丸帯留めB

           

          角3連ネックレスA

           

          角3連ネックレスB

           

          角3連ネックレスC

           

          角3連ネックレスD

           

          角板イヤリング/ピアスA

           

          角板イヤリング/ピアスB

           

          角板イヤリング/ピアスC

           

          角板イヤリング/ピアスD

           

          角板イヤリング/ピアスE

           

          角板イヤリング/ピアスF

           

          角板イヤリング/ピアスG

           

          丸板イヤリング/ピアスH

           

          滴イヤリング/ピアスA

           

          滴イヤリング/ピアスB

           

          滴イヤリング/ピアスC

           

          滴イヤリング/ピアスD

           

          滴イヤリング/ピアスE

           

          輪イヤリング/ピアスA

           

          輪イヤリング/ピアスB

           

          輪イヤリング/ピアスC

           

          輪イヤリング/ピアスD

           

          杵2連チョーカーA

           

          杵2連チョーカーB

           

          杵2連チョーカーC

           

          スカーフリングA

           

          スカーフリングB

           

          スカーフリングC

           

          スカーフリングD

           

          スカーフリングE

           

          スカーフリングF

           

          スカーフリングG

           

          スカーフリングH

           

          スカーフリングJ

           

          スカーフリングK

           

          スカーフリングL

           

          スカーフリングM

           

          ブレスレットA

           

          ブレスレットB

           

          ブレスレットC

           

          タイタック/バッジ

           

          category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

          個展出品作品 その3

          2020.04.21 Tuesday 21:14
          0

            個展出品作品その3です。きょうは、壁にも掛けられる「卓上額」(動物5種)と、抽象の0号額(5種)をご紹介しますね。


            個展会場のギャラリーが入っている朱鷺メッセでは、すでにコンベンションセンター側が閉鎖となり、日航ホテルも23日から全面休業するとのこと。


            外堀が埋まり、内堀が埋まり、いよいよ敵が本丸にまで押し寄せたようで、さらにきょうの午後、知事による休業要請が出されたため、それを受けて、あと5日会期が残っているぼくの個展を中止するかどうか、現在ギャラリー側で再検討しています。結論が出され次第、またお知らせしますね。


            みなさんから、励ましの言葉を多数いただき、ほんとうに涙が出るくらいの嬉しさ、ありがたさを感じているこの頃です。💖

             

            卓上額「ねこ」

             

            卓上額「きりん」

             

            卓上額「きつね」

             

            卓上額「らっこ」

             

            卓上額「くじら」

             

            F0号額「冬の朝」

             

            F0号額「青い海峡」

             

            F0号額「ふいるむ」

             

            F0号額「新しき門出」

             

            F0号額「雪解け」

             

            category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

            個展出品作品 その1

            2020.04.17 Friday 21:05
            0

              緊急事態宣言が全国版になり、きょう新潟県でも花角知事が会見を開いて、より一層の外出自粛を県民に求めていました。そんな事態を受けて、現在開催中のぼくの個展についても、どうなることやら、と、多くの方からご心配をいただいています。

               

              ぼくとしては、「何が何でも続けたい」とはゆめゆめ考えてはおらず、ギャラリーが閉まれば中止も止むなしと覚悟はしています。

              今のところ、ギャラリーの入っている朱鷺メッセは、コンベンションセンターは5月6日まで閉鎖となるようですが、万代島ビルは、日航ホテルを含めて封鎖はしないとのこと。ですので、アートギャラリー万代島も通常通りの営業です、との連絡が来ました。

               

              しかし状況が状況ですので、明日の在廊日に、ギャラリー側と今一度よく話し合ってみたいと思います。とりあえず明日、明後日は、万全の感染防止対策をとったうえ、開廊致します。その後のことについては、あらためてお知らせ致します。

               

              きょうまでも、こんな事態の中、いろいろな方がご来場下さり、ご高覧、お買い上げいただいたことに、心から感謝しています。

              展覧会を続けるか否かは別として、ご覧になりたくてウズウズしながらも来られない方のために(笑)、出品作品の写真を、少しずつこのネット上でご紹介したいと思っています。

               

              まずは「三寸小額」(税込み価格:17,000円)から。1月から12月まで、それぞれの季節に合わせたデザインで12種類、制作をしてみました。ご覧いただけたら幸いです。

               

              「松壽 1月」

               

              「梅の香 2月」

               

              「幼な雛 3月」

               

              「春うらら 4月」

               

              「鯉のぼり 5月」

               

              「雨ふり 6月」

               

              「岬 7月」

               

              「涼風 8月」

               

              「実り 9月」

               

              「収穫 10月」

               

              「落ち葉 11月」

               

              「聖夜 12月」

               

              category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

              明日から個展開幕

              2020.04.14 Tuesday 20:19
              0

                 

                個展は開幕するまでが勝負ですね。1年かけて準備してきた作品を並べ終えたとき、「ああ、これでようやくほっとできる」と、深呼吸しました。


                今夜は新潟市泊まり。明日から26日(日)までが会期。会場は朱鷺メッセ内のアートギャラリー万代島です。


                ギャラリーの桑原さんによると、朱鷺メッセの中は閑散として関係者の姿しか見えないとのこと。ぼくは負け戦を覚悟で武田信玄に挑んだ徳川家康の気分です。


                今回は、アクセサリーを200点以上並べました。ほとんどが1点ものでお持ち帰りできますので、ご購入して下さる方は、どうぞお早めに!(*^-^*)

                category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

                彩りと装いの漆展の予告

                2020.03.15 Sunday 16:11
                0

                   

                  もう少しあとの方が良かったのですが、きょうの村上新聞に早々に案内の記事が出てしまいました。(写真なしのベタ記事ですが・・・)


                  来月15日から、朱鷺メッセ内の「アートギャラリー万代島」にて、ここでは2回目となる個展を開きます。今回は、「彩りと装いの漆展」と題して、アクセサリーと小額を中心に展示する予定で、現在急ピッチで制作を進めているところです。


                  また間近になったら、あらためてご案内しようと思いますが、とりあえず予告させて下さい。ただ、新型コロナウイルスの影響で、いろんなイベントが中止や延期となる中、朱鷺メッセが全館閉鎖にでもなれば、この展覧会もどうなるかわからない状況です。もし無事に開催できましたら、よろしくお願い致します。


                  お願いですから、今のぼくに「濃厚接触」はしないで下さいネ。(^_-)-☆

                   

                  category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

                  仲秋の美術展の閉幕と出品作品

                  2019.09.23 Monday 20:40
                  0

                     

                    おかげさまで「第4回 仲秋の美術展」は、盛況のうちに無事10日間の会期を終えました。お忙しい中、ご来場いただいた方々、ありがとうございました。


                    会場の都合で、今回は作品の寸法を制限、一人1点のみの展示とさせていただきました。ぼくは7年前に制作した「MASK」という立体作品を出品。藍色の漆を作品に使い始めたのは、この作品が最初です。


                    これをご覧になった市長さんが、後日「あの中身は何なの? 木?」と尋ねてこられたので、「あれは発泡スチロールに漆を塗ったものなんです」とお答えしたら、びっくりされてました。漆で青い色が出せることにも驚かれる方が、けっこう多いんですね。(*^_^*)


                    現在、11月16日(土)から新潟県民会館ギャラリーで始まる「第48回芸展」後期展に出品する作品を制作中ですが、これもこの藍色漆で仕上げる予定です。間近になったらまたご案内しますので、こちらもよろしくお願いします。<(_ _)>

                     

                     

                     

                     

                    category:展覧会 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

                    5つの美術展鑑賞

                    2019.09.20 Friday 19:22
                    0

                      やるべきことがいっぱいあって、ほんとは家で仕事をしたいんだけど、どうしても見たい美術展がいくつかあるので、きょうは思い切って、弥彦・新津・新潟を回り、5つの展覧会を鑑賞してきました。(ほんとうはもう1つあったのだけれど、回りきれなかった・・・)


                      弥彦の総合コミュニティセンターにて「新潟の版画 その原点と飛躍展」、弥彦の丘美術館で「吉田志麻 木版の世界展」、新津美術館で「あたらしいかたち 新潟県人作家展」、新潟市美術館で「きたれ、バウハウス 開校100年展」、新潟三越にて「第74回 春の院展」。

                       


                      弥彦の2つの会場では、ぼくの作品づくりの先生、故高橋信一先生のなつかしい作品に触れることができ、その弟子の吉田志麻さんの、版画とは思えないほどの大作に圧倒されました。

                       

                       

                       


                      新津美術館の展覧会には、父とぼくの立体作品も飾られています。今まで全然意識したことなかったけど、親子でどことなく作品の傾向が似てるのかなあ、と今回初めて感じました。

                       


                      新潟市美術館のバウハウス展は、イッテン、モホリ=ナギ、クレー、カンディンスキー、シュレンマーなど錚々たる講師陣による造形教育の講義内容が細かく紹介されていて、とても興味深いものでした。自分でも実際にその課題を体験できるコーナーがいくつか用意されていて、もう少し時間がとれたなら、ぜひやってみたかった・・・。

                       

                       

                       

                       

                       


                      いやあ、とにかく時間が欲しい。お金も才能もだけど、それよりともかく「時間」が足りない・・・のです。(^^ゞ

                       

                       

                      category:展覧会 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        URU
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        URU
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        haru
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM