夏のディスプレイ

2020.06.01 Monday 20:03
0

     

    このところ爽やかな晴天が続いていた村上ですが、6月に入ったらさすがに少し蒸し暑くなりました。梅雨が間近なのを実感します。


    新型ウイルスの感染防止のためにとられていた様々な規制が、少しずつ解除され、少し明るさが見えてきたこの頃ですが、なかなか普段通りの生活が戻るには、まだまだ時間がかかりそうです。


    URUSHI OHTAKIは、夏のディスプレイとなりました。暑い季節は、シンプルなデザインの器を組み合わせて、少しでも快適に過ごしたいものですね。

     

     

     

    category: | by:URUcomments(0) | -

    90歳、現役の木地師さん

    2020.05.19 Tuesday 20:37
    0

       

      「新潟日報おとなプラス」を輪番で担当されている、ライター兼カメラマンの岩村文雄さんから、先日ぼくに取材の申込みがあり、その際、90歳の現役の木地師、宗田行雄さんのことをお話ししたら、ぜひその方も取材したいとのことで、きょう同行して、作業部屋にお邪魔しました。


      うちでは、祖父、父、ぼくと3代にわたってお世話になった方で、簡単な説明と寸法指定だけで、たいていの板物の木地は、パッパッと作って下さる、漆器のことを知り尽くした素晴らしい職人さん。昭和30年から仕事を始められたそうで、御年90歳とはとても思えぬ若々しさです。


      自作の可愛らしい丸ガンナや、使い込まれたノミなど、様々な珍しい道具、そして茶だんすや座卓、高卓、そして「梅花卓」(ばいかしょく)という珍しい形の平卓などなど、長年の経験と精進に支えられた、見事な製品の数々を見せて下さいました。


      そして何より心に響いたのは、「お元気の秘訣は何ですか?」との問いに、「そうだねえ・・・なんだろうねえ・・・まあ仕事するのはとても楽しいよ。長く生きていると、いろんな若い人と話もできるしねえ・・・」とのひと言。


      ものづくりの楽しさ、人と触れあう素晴らしさ・・・それを実感できることこそが、幸せな人生の秘訣かな、と思った次第でした。


      なお、宗田さんとぼくの記事は、6月22日(月)に掲載とのことです。

       

       

       

       

      category: | by:URUcomments(0) | -

      新商品「はしおき(丸石)」

      2020.05.12 Tuesday 19:43
      0

         

        先月の新潟市での個展に出品した「はしおき(丸石)」を、ウェブサイトに新商品としてアップしました。

        https://www.u-ohtaki.com/item-page/c-324.html


        ひとつひとつ形が異なる「はしおき」です。色の種類は3色で、紫が写真に撮ると見えにくいのですが、実際はもう少しはっきりしています。漆のはしと併せてお使い下さい。

        category: | by:URUcomments(0) | -

        秋のディスプレイ

        2019.08.29 Thursday 20:47
        0

           

          九州北部では、依然として大雨が続いているようで、すでに洪水などの被害に遭われた地域も多い中、とても心配です。心からお見舞いを申し上げるとともに、これ以上の被害がないことを切に願っています。まったく猛暑か大雨かの二者択一を迫られるようなこの頃の天候ですね。


          それでも、暑かった8月もあと2日となり、ここ村上でも、秋の気配が色濃く感じられるようになりました。きのう、息子と二人で店のディスプレイを、夏から秋へと替えたところです。


          秋は美術展を中心に、いろいろな催しがあり、あっという間に年末を迎えそうですが、日中はともかく、せめてこの季節の長い夜は、お気に入りの本や音楽、器、お酒などとともに、ゆったりと過ごしたいものですね。耳にしみ通るような虫の音が、心を深くしてくれそうです。

           

           

           

          category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

          夏のディスプレイ(2019)

          2019.06.01 Saturday 20:40
          0

             

            6月になりました。日中の陽差しは強く、雨の少ない日々が続いている村上市です。


            地酒の冷酒やビールが飲みたくなる季節。温度を伝えにくく、口当たりの良い漆の器は、夏もお奨めです。シンプルなデザインの器で、さわやかにスッキリとこの季節を楽しみましょう。

             

             

             

             

            category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

            額板の揮毫

            2019.05.02 Thursday 20:38
            0

               

              10連休も後半ですね。自営業者には祝祭日は全く関係なく、ふつうに仕事をしています。


              お寺さんに掛ける大きな額板の文字書きを頼まれ、3日がかりで仕上げました。塗師の平山鋼平さんからの依頼です。


              鋼平さんが施した拭き漆がかなり透けてきて、木目が綺麗に見えるようになりました。その上に書いた黒漆の文字も、思ったよりもよく判別できます。


              漆は粘性が強く、墨のようには伸びないので、文字を書くというよりも、字の一角一角を筆で塗っていくように書かなければいけないので、これだけの文字数でも、けっこう時間がかかるのです。


              板をイーゼルに立て、立ったまま書く。ふだんは座ったままの仕事なので、今回はちょっと疲れたけれど、新鮮でした。(^_-)-☆

               

              category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

              干し柿と平縁鉢

              2019.02.25 Monday 20:43
              0

                 

                去年の秋、妻が作った干し柿がとても良くできて、堆朱八寸平縁鉢に少し盛り付けてみました。口の中で、とろりととろけてしまうような天然の甘さ。地方都市ならではの贅沢かもしれません。


                村上堆朱は装飾性が強く、なかなか日常には使いづらいと思っておられる方。お気持ちはよくわかりますが(笑)、使えるものは使っちゃいましょう。親でも師匠でも夫でも同じです。(笑)


                V381 堆朱八寸平縁鉢 は、食材が美しく見えるように、盛りつける中の部分を黒漆の磨き仕上げにしてあります。堆朱の麻の葉地紋は、あくまで全体の形を引き締めるアクセントです。

                http://www.u-ohtaki.com/item-page/v-381.html

                category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

                ひな祭りディスプレイ

                2019.01.17 Thursday 20:12
                0

                   

                  小正月も終わり、URUSHI OHTAKI のディスプレイは、「お正月」から「ひなまつり」(桃の節句)に変わりました。1月を代表するものが「松」だとすれば、2月は「梅」でしょうね。


                  新潟はまだまだ雪の中。実際に梅が咲くのはもうちょっと先ですが、きっと梅の木の内部では、花を咲かせる準備が着々と進んでいるのではないでしょうか・・・。春を思う心が、蕾のように少しずつ膨らんでいくのを感じます。

                   

                   

                  category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

                  2018年最後の仕事

                  2018.12.31 Monday 22:54
                  0

                     

                    三日前から始めた大掃除もようやく終わり、きょうは最後に神棚の清掃。そして、本年最後の仕事をしました。


                    村上市の企業版ふるさと納税の記念品であるプレートを、自立させるための台座の炭研ぎ、胴摺り、引きうるし作業です。年明け早々に、磨き作業をして納品する予定。今年はすでに13個を納品しています。


                    下の写真が完成品。ちなみに全体のデザインは、弟である(有)オム・クリエイションの大滝聡、プレート制作は、ニスケの工藤清君です。

                     

                     

                    そのあと、きのう知人からいただいた餅を切り分ける作業。
                    かみさんも、いつものようにほぼ1週間がかりで、12品のおせち料理と、今夜のお年夜の料理を作り終え、お正月を迎える準備は整いました。ことしも、おかげさまで無事終えられそうです。


                    ほんとうに1年間、温かな「いいね!」、コメント、メッセージをお寄せ下さり、ありがとうございました。どうぞみなさん、良いお年をお迎えください。

                     

                     

                    category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

                    クリスマスのディスプレイをしました

                    2018.11.22 Thursday 20:16
                    0

                       

                      URUSHI OHTAKIとしては、久しぶりの投稿です。
                      きのう、三男といっしょにクリスマスのディスプレイをしました。


                      彼はもうすっかり要領を飲みこめていて、自分のセンスでどんどん飾り付けていきます。彼の頭の中では、「赤鼻のトナカイ」が流れているのかもしれません。


                      県内で、村上市だけ大雨注意報が出され、気温も低く、荒れ模様のお天気。暗くなりがちな新潟の冬に、少しでも楽しさを演出できたらいいな。(^○^)

                       

                       

                       


                       

                      category: | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • テレビ番組の取材
                        URU
                      • テレビ番組の取材
                        高野道宏
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        URU
                      • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
                        haru
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        大滝 豊
                      • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
                        Sizu
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM