小さな美のポケット 第30話「美術館の楽しみ」

2018.11.10 Saturday 20:30
0

     

    「小さな美のポケット」第30話(村上新聞連載エッセイ)が、先週の日曜日に掲載されました。


    今回のテーマは、「美術館の楽しみ」。
    数ある美術館の中で、どこを紹介しようかと迷ったあげく、今回話のタネにしたのは、東京品川にある「原美術館」と、信州の「美ヶ原高原美術館」です。


    最近の「芸術の秋」は、展覧会で忙しく、ゆっくり美術館巡りができないという、なんとも矛盾した現状。父と母の付き添いで、週に一度は病院巡り・・・どっぷりと「日常の垢」にまみれているこの頃です。(笑)

     

    **********(記事全文)************

     

    第三十話「美術館の楽しみ」

     

    自然が豊かで人情の厚い田舎は、暮らすにはほんとうに良いところですが、ぼくにとって、ひとつだけ都会暮らしがうらやましいと思うのは、近くに美術館があり、いつでもぶらりと出て、美術に親しめることです。時代の最先端を行く現代美術、美の巨匠たちの回顧展、そして、興味深いテーマで切り取られた企画展など、美術雑誌の展覧会案内には、見てみたい美術展がいくつも並んでいます。


    でも、ぼくが美術館に行きたい理由は、単に展示されているものを見たいだけではありません。一つ一つの作品が置かれる空間の美しさ、場の緊張感といったものを味わいたいからなのです。


    今まで訪れたたくさんの美術館。その中で、特にお気に入りの場所を一つあげるとすれば、東京の品川にある「原美術館」でしょうか。静かな住宅地の中、個人の家を改造したヨーロッパ風のモダン建築で、木の床をギシギシと踏みながら、質の高い現代美術を見ることができ、そのあと芝生のある中庭に面したカフェで、コーヒーを片手に、ぼんやり空を見上げる静かなひと時が、ことのほか好きなのです。


    もちろん、地方にも自然に囲まれた美術館は数多くあります。ぼくにとって特に思い出深いのは、もうはるか昔のことですが、妻との結婚が決まった頃、二人で訪れた信州の「美ヶ原高原美術館」です。九月のその日、美術館は高原特有の濃い霧に包まれていました。道を歩いていくと、何メートルもある巨大な野外彫刻たちが、乳白色の背景の中から、目の前に突然ぬうっと現れるのです。その美しいシルエットは、自然の巧まざる演出によって、驚くほどの鮮やかさで、ぼくらの心に刻みつけられました。


    最近のアートは、美術館から抜け出して、ぼくらの暮らす日常空間で展示されることも多いようです。その土地の風土や生活文化と、密接に結びついた美術のあり方を問うその試みは、とても意義のあることだと思います。


    けれどその一方で、美術館の魅力は、今でもぼくを捉えて放さないのです。


    しーんと静まりかえった空間の中で、ひとつの作品と一対一で向かい合う時、そこには日常から離れた別の世界が存在します。一流の芸術から発せられる美のエネルギーは、美術館という装置によって増幅され、常識で錆びついたぼくらの目を、洗い流してくれるような気がするのです。

     

    芸展の作品解説と県民会館の紅葉

    2018.11.08 Thursday 19:55
    0

       

      きょうは、芸展工芸部門の作品解説です。


      県民会館前は美しい紅葉で満たされ、落葉のカーペットが敷き詰められていました。こんなに暖かな晴天に恵まれるとは、いったい誰の精進が良かったのでしょうね。


      1時間ほどの拙い説明を、辛抱強く聴いて下さった殊勝な方々に感謝です。(*^_^*)

       

       

      category:季節の景 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

      第11回(平成30年)村上市展

      2018.11.06 Tuesday 20:59
      0

         

        きのう村上市展は、無事3日間の会期を終えました。


        会期中、素晴らしい秋晴れに恵まれ、まだ詳しい報告はありませんが、3,000人以上の来場者があったようです。


        市展5部門の展示に加えて、おなじみの審査のない「文化展」、児童画、そして今回から始まった「中学生・高校生によるアニメ・イラスト展」など多彩で、若い人たちも含め、いろんな年代の方たちに楽しんでもらえたことと思います。


        ぼくが会場当番のとき、先生に引率された高校生の団体が入りました。写真はそのときのもの。会場は、まだまだスペースの余裕があります。来年は君たちの作品も並べようね。(^_-)-☆

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        category:展覧会 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

        芸展開幕と上片町作品展

        2018.11.04 Sunday 20:39
        0

           

          午前10時から「第47回芸展」の開場式に、連盟の副理事長として参列しました。


          前期展は、県民会館のAギャラリー中央に「工芸」、その周りの部屋には「写真」の公募作品が並び、Bギャラリーの方は、「写真」の会員作品を中心に、各部門で受賞した作品も展示されています。今回から加わった写真部門は、やはり圧倒的な作品数で、インパクトがありますね。

           

           

           

           

           

           


          ひととおり鑑賞した後、イタリア軒ギャラリーで開かれている、新潟県工芸会のミニアチュール作品展「第16回手のひらの小宇宙展」を見て、村上へ帰りました。

           


          わが町内の地蔵堂では、昨日、今日と「上片町作品展」が開かれており、帰宅後、足を運びました。


          絵画、書、写真、工芸・手芸品などの他、江戸時代に町内の支援を受けて、5人の人がお伊勢参りに行ったときの資料や、西南戦争に参加した人の名簿「古今英勇高名競べ」なるもの、更には、若かりし頃、予科練に入隊するときにもらった寄せ書きなど、なかなかに興味深い展示です。


          会場には町内の人たちが集まり、いろんな思い出話に花を咲かせていました。作品展は、芸展のような、技や造形力を競うものばかりではなく、こういう人と人との「話の種」をつくり出す役割のものもあって良いのだなあ・・・と気づかされました。(*^^)v

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:展覧会 | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

          市展表彰式・開場式と村上市表彰式

          2018.11.03 Saturday 20:46
          0

             

            村上市展が開幕。今朝8時半から会場前で、受賞された方々の表彰式と、テープカットが行われました。会場内の様子は、写真が撮れなかったので、後日アップします。


            その後は市役所にて「村上市表彰式」に教育委員として参列。人命救助などの功績があった方、長らく人権擁護委員や保護司、教育委員などを務められた方、スポーツで全国大会に出場するなど活躍された方などが、市長から表彰状を受けました。


            しばらく続いた雨も上がり、今日は快晴の空。市内あちらこちらで、さまざまな文化的な催しがあり、心まで晴れやかな「文化の日」となりました。

             

             

            category:できごと | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

            Calender
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              URU
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              URU
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              haru
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM