さんぽく小学校の開校式

2019.04.21 Sunday 20:53
0

     

    いちめん美しいピンクに染まった桜の木から、ちらほらと花びらが散る絶好の日和に恵まれて、きのうは「さんぽく小学校」の開校式が行われました。「さんぽく北小学校」と「さんぽく南小学校」が統合し、旧山北町地区で唯一の小学校となったのです。

     

     

    校舎は北小学校を使いますが、校歌と校章は新しくなりました。校歌の作詞と校章のデザインは全国公募。作曲は旧山北町出身の小見英晴さんです。その小見さんに高橋市長から感謝状が手渡され、子どもたちが大きな声でその校歌を歌いました。

     

     

     

    地元産の木がたっぷりと使われた明るい校舎、海あり山ありの自然豊かな環境で、のびのびと育つ子どもたち。そういう学校が、統合によってだんだんに少なくなり、ほんとうに淋しいですが、この学校はいつまでも続いてほしい、そう願わずにはいられません。

     

    category:できごと | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

    スケートパークの竣工式

    2019.04.21 Sunday 20:50
    0

       

       

      今月は、小中学校の入学式に始まり、教育委員会関連の式典続きですが、きょうは「村上市スケートパーク」の竣工式が行われました。地元産の木材がふんだんに使われていて、とても心地よい施設です。


      スケートボード施設としては国内最大級。村上市は今後、東京五輪で正式種目となったこの競技の「聖地」として、全国的にも有名となるでしょう。


      スケートボード・アリーナのほか、ボルダリングやスラックラインなどのトレーニングコーナーもあります。

       

       

       

      式典が終わってからのデモンストレーションでは、冬季五輪スノーボードの2大会連続銀メダリスト、平野歩夢君も来ていて、スケートボードの演技も見せてくれました。

       


      また村上市の12才の男の子と11才の女の子による滑りにも感嘆しました。

       

       

       

      category:できごと | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

      小さな美のポケット 第35話

      2019.04.07 Sunday 20:54
      0

         

        村上新聞の連載エッセイ「小さな美のポケット」第35話が、きょう掲載となりました。「商店街と赤い箱」のタイトルで、25年前に新潟市古町商店街で企画した「BOXアート展」というイベントについて書いたものです。


        まだ古町商店街も元気があった頃、野外での美術展が珍しかった頃、そして人を騒がせることが大好きなぼくら兄弟が、若いエネルギーに充ち満ちていた頃の「むかしむかし」のお話です。


        線香花火みたいに、3日間だけポッと燃えて、すぐに消えてしまったイベントですが、ぼくにとっては、多くの方と知り合い、助けられ励まされながら、たくさんのことを学べた、忘れられない貴重な経験でした。古町モールに、数百個の赤い箱が並んだときの嬉しさは、いま思い出してもワクワクしてくるんです。\(^O^)/

         

        屋台台輪の塗り5日目 上塗り

        2019.03.21 Thursday 21:10
        0

           

          屋台台輪の塗り6日目、最後の作業です。


          前回塗った中塗りの面を、水をつけた砥石で研ぎ、きれいに吹き上げます。そして上塗り。今回は、既存の面とのバランスを考え、「黒半艶漆」を使用しました。そのまま自然乾燥させます。


          さて、うまく乾いてくれるかどうか・・・。多少、修正が必要かもしれませんが、ひとまず一連の作業を終えて、ほっとしました。
          「いったいどこを塗ったんだ? さっぱり変わっていないじゃん」と言われるかも・・・。仕事をしたことを悟らせないような仕事が、ほんとうの名人の仕事?・・・いやいや、さも仕事をしたように見せて、実際はたいした仕事をしていないのが、ぼくの仕事なんです。(笑)

           

           

           

           

          category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

          屋台台輪の塗り5日目

          2019.03.16 Saturday 20:20
          0

             

            屋台台輪の塗り5日目。
            きょうの作業は「地研ぎ」「中塗り」です。

            1.先回摺りうるしした面を、中研ぎ用の砥石に水をつけてざっと研ぎます。
            2.固く絞ったぼろ布で、泥をきれいに拭き取り、乾いた布で水分を完全に拭いて乾かします。
             


            3.黒中塗り漆を準備します。(漉し紙を使って何度か漉し、チリを除去する)

             


            4.塗る面を「タッククロス」という粘着性のある布で拭き、ついている埃やチリをぬぐい取ります。

             

             

            5.黒中塗り漆を刷毛につけて、薄く平らに塗ります。
            6.はみ出した余分な漆を、へらやティッシュペーパーで拭き取ります。

             

             

             

            あとひと息・・・。
            作業場は暖房がないため寒いですが、仕事への情熱で、なんとかしのげます。ナンチャッテ・・・。(^_^;

            category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

            Calender
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              URU
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              URU
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              haru
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM