屋台台輪の塗り5日目 上塗り

2019.03.21 Thursday 21:10
0

     

    屋台台輪の塗り6日目、最後の作業です。


    前回塗った中塗りの面を、水をつけた砥石で研ぎ、きれいに吹き上げます。そして上塗り。今回は、既存の面とのバランスを考え、「黒半艶漆」を使用しました。そのまま自然乾燥させます。


    さて、うまく乾いてくれるかどうか・・・。多少、修正が必要かもしれませんが、ひとまず一連の作業を終えて、ほっとしました。
    「いったいどこを塗ったんだ? さっぱり変わっていないじゃん」と言われるかも・・・。仕事をしたことを悟らせないような仕事が、ほんとうの名人の仕事?・・・いやいや、さも仕事をしたように見せて、実際はたいした仕事をしていないのが、ぼくの仕事なんです。(笑)

     

     

     

     

    category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

    屋台台輪の塗り5日目

    2019.03.16 Saturday 20:20
    0

       

      屋台台輪の塗り5日目。
      きょうの作業は「地研ぎ」「中塗り」です。

      1.先回摺りうるしした面を、中研ぎ用の砥石に水をつけてざっと研ぎます。
      2.固く絞ったぼろ布で、泥をきれいに拭き取り、乾いた布で水分を完全に拭いて乾かします。
       


      3.黒中塗り漆を準備します。(漉し紙を使って何度か漉し、チリを除去する)

       


      4.塗る面を「タッククロス」という粘着性のある布で拭き、ついている埃やチリをぬぐい取ります。

       

       

      5.黒中塗り漆を刷毛につけて、薄く平らに塗ります。
      6.はみ出した余分な漆を、へらやティッシュペーパーで拭き取ります。

       

       

       

      あとひと息・・・。
      作業場は暖房がないため寒いですが、仕事への情熱で、なんとかしのげます。ナンチャッテ・・・。(^_^;

      category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

      屋台台輪の修理4(錆研ぎ・錆固め)

      2019.03.11 Monday 20:45
      0

         

        屋台台輪の塗り4日目です。
        きょうの作業は、「錆研ぎ」「摺りうるし(錆固め)」。


        先回付けた「錆」が乾いたので、砥石に水をつけながら、その上からこすり、平らに研ぎます。一度水につけて絞ったスポンジで泥を拭き取ると、どの部分が研げ、どの部分が研げていないかが一目瞭然。光っている部分が研げたところで、そうでない部分がまだのところ、ということですね。砥石が全体に当たるようになるまで研ぎ上げます。

         

         

         


        きれいな水で絞った布で全体を吹き上げ、乾いた布で水分を拭き取った後、やわらかい生漆を、へらでしごくように摺り入れます。すりうるしをした面は、黒っぽく変わり、錆をしっかりと固めてくれるのです。

         

         

         

         

         

        category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

        屋台台輪の修理3(錆付け)

        2019.03.09 Saturday 21:09
        0

          屋台台輪の塗り3日目。
          今回は「錆付け」という下地作業です。


          漆芸で「錆」というのは、水で練った砥の粉に生漆を混ぜ合わせたもの。(写真1枚目) ふつうは砥の粉に対して生漆を同量より少し少なめに調合するのですが、この場合は生漆を多めにして、強めの錆をつくりました。
           

           

          その錆をヒノキのへらで付けていきます。あくまで薄く、平らに。(写真2枚目) 厚く付けるのは禁物。下地ごと漆がはがれ落ちる危険があるのです。

           


          錆は水分を多量に含んでいるので、ぐるりと輪をひと回り付け終わる頃には、その水分が蒸発して、白っぽい色に変わっていきます。でも漆が乾いたわけではないので、そのまま放置して、2日くらい十分に乾かします。


          錆は水分を多量に含んでいるので、ぐるりと輪をひと回り付け終わる頃には、その水分が蒸発して、白っぽい色に変わっていきます。でも漆が乾いたわけではないので、そのまま放置して、2日くらい十分に乾かします。

           

           

           

          category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

          屋台台輪の修理2(木賊がけ・木固め)

          2019.03.06 Wednesday 20:58
          0

            屋台台輪の修理箇所の塗り2日目。
            きょうはこんな手順で作業しました。


            1.刻苧(こくそ)さらい
            先回施した刻苧を専用のカンナでさらい、平らにする。(1〜3枚目の写真)
             

             

             

             

            2.木賊(とくさ)がけ
            刻苧をした部分と、輪っかの縁がささくれて漆がギザギザになってしまった部分にサンド・ペーパーを当てて表面をなめらかにする。(4〜5枚目の写真)
             

             

             

            3.木固め
            松煙を入れて黒くし、テレピン油で薄めてやわらかくした生漆(きうるし)を準備する。(6枚目の写真)
            それを胴摺刷毛(どうずりばけ)につけて、たっぷりと擦り込む。(7〜9枚目の写真)


            生漆を吸い込ませることによって、木地を強化し、その上に塗る漆の吸い込みを止めることが目的です。

             

             

             

             

             

            category:大七車の塗り | by:URUcomments(0)trackbacks(0)

            Calender
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              URU
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              URU
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              haru
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM