彩りと装いの漆展の予告

2020.03.15 Sunday 16:11
0

     

    もう少しあとの方が良かったのですが、きょうの村上新聞に早々に案内の記事が出てしまいました。(写真なしのベタ記事ですが・・・)


    来月15日から、朱鷺メッセ内の「アートギャラリー万代島」にて、ここでは2回目となる個展を開きます。今回は、「彩りと装いの漆展」と題して、アクセサリーと小額を中心に展示する予定で、現在急ピッチで制作を進めているところです。


    また間近になったら、あらためてご案内しようと思いますが、とりあえず予告させて下さい。ただ、新型コロナウイルスの影響で、いろんなイベントが中止や延期となる中、朱鷺メッセが全館閉鎖にでもなれば、この展覧会もどうなるかわからない状況です。もし無事に開催できましたら、よろしくお願い致します。


    お願いですから、今のぼくに「濃厚接触」はしないで下さいネ。(^_-)-☆

     

    category:展覧会 | by:URUcomments(0) | -

    小さな美のポケット 第45話「おとなの街、フランクフルト」

    2020.03.02 Monday 19:29
    0

       

      3月弥生を迎えた早々の日曜日。村上新聞連載エッセイ「小さな美のポケット」第45話が掲載となりました。

       

      今回のタイトルは、「おとなの街 フランクフルト」。
      もう16年も経ってしまいましたが、新潟県の地域ブランド「百年物語」に参加して、ドイツのフランクフルトを訪れたときの印象について書きました。ことに電車に乗ったときの快適さは、日本とは比較にならないほど。日本にいてはあたりまえだと思っていたことが、異文化に触れると目から鱗ですね。(^_-)-☆

       

       

       

      category:できごと | by:URUcomments(0) | -

      初午

      2020.02.09 Sunday 16:20
      0

         

         

        ときおり青空がのぞき、一瞬陽が差したかと思うと、白い粉のような雪が、強い風にあおられて舞う厳しい1日。


        2月の子どもの伝統行事「初午」が、村上の街のあちこちで行われ、わが町内でも午前中、家内安全、商売繁盛を願い、「ごりしょ、ごりしょ」(御利生:ごりしょう=御利益:ごりやく)と狐のお面をかぶって踊る子どもたちの声と乾いた太鼓の音が、日曜の静かな町に響き渡りました。


        小学生5人、幼児3人という少人数で、今年は実施が危ぶまれましたが、この行事を絶やしたくないというPTAの方々の熱意によって、なんとか続けることができたようです。


        子どもの数が多いときには、2組に分かれて回ることさえあったというのに、そのときと今では、まさに隔世の感がありますね。この先は・・・どうなるでしょうか・・・?

        category:季節の景 | by:URUcomments(0) | -

        小さな美のポケット 第44話「数右衛門さんの香炉」

        2020.02.02 Sunday 20:06
        0

           

          1月は連載がお休みだったので、約2ヶ月ぶりの「小さな美のポケット」です。第44話「数右衛門さんの香炉」。ぼくが初めて作品を購入したときの、ささやかなエピソードを記しました。


          長浜数右衛門さんは、亡くなられてからかなりの年月が経っていて、長男の数義さんが2代目を襲名されています。とてもおだやかでやさしい方だった記憶があり、この香炉はその記憶につながる唯一のぼくの宝物。ちなみに、蓋のつまみの部分が壊れたので、かなり前ですが、金継ぎを施してあります。

           

           

          今年のおせち

          2020.01.02 Thursday 20:03
          0

             

            遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
            みなさん、どんなお正月をお過ごしでしょうか。


            わが家では、今年も妻が3日がかりで、手づくりのおせち12品を作ってくれました。
            1枚目の写真が、左上から反時計回りに、海老のマリネ、つくね団子、煮なます、クワイ、数の子、中央が黒豆。
            2枚目が、高野豆腐、昆布巻き、八幡巻き、ごまめ(田作り)、リンゴきんとん、中央がキンカンです。


            ここに、蒲鉾、伊達巻き、錦玉子の入った重箱と、更に昨日のお年夜で残った、煮染め、なます、飯鮨がついて、おなかは妊娠したみたいに、ふくらんでいます。申し訳ありませんが、ほんとうに幸せです。(*^_^*)

             

             

            category:季節の景 | by:URUcomments(0) | -

            Calender
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << March 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 小さな美のポケット 第26話「思い出のクラフトショップ」
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • テレビ番組の取材
              URU
            • テレビ番組の取材
              高野道宏
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              URU
            • 2012年村上大祭 上片町の屋台巡行ドキュメント
              haru
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              大滝 豊
            • 湯呑みの金継ぎ5 錆付け
              Sizu
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM